カテゴリー「デザイン」の33件の投稿

2013年6月20日 (木)

<お知らせ>ブログお引っ越し

2013/7/1より、こちらのフリーのブログ(ココログ)に広告エリアが増えると
公式サイトより告知がありました。

これ以上、広告が増えると読みづらいと思い、以下のサイトに引っ越ししようと
思いますので宜しくお願いします。

新しいサイト:
See_You_Laterのブログ Part 2 

元々、英語ブログとして立ち上げたのですが手が回らず(汗)、
ほとんど更新していません。

こちらはniftyユーザなら誰でも広告無しで使えるので、
ちょっと不便ですが、ご了承ください。

では、また、宜しくお願いします。

Cocolog

2013年6月17日 (月)

大人気!再販も即完売!(cheero Power Plus DANBOARD version)

もの凄い人気ですねぇ。

Cheero_power_plus_danboard_version

URL: https://www.facebook.com/cheeromart/photos_stream

昨晩、Amazonにて購入しようとしたのですが(本当です)、1クリック設定に
しないで普通にショッピングカートに入れると、すぐに在庫無しに。

あれれという間に、完売!

現在の状態は以下の通り。(Amazon
Amazon

昨夜は、再販に伴って、高値を付けていた人達が値下げしていましたねぇ。
再販終了後は、またも、値上がり。

買えなかったということについての不満と、悪徳業者と思われる高値販売に
ついてのネガティブ評価により、製品と全く関係なく評価の星の数が減少。

この状況について、取扱をしているcheeromartのHPには増産の案内が。

Official_announcement_2

URL: http://cheero.jp/powerplus_danboard/130616.html

以下抜粋:

6月4日に販売開始しました「cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD version」
について、たくさんのお客さまからご要望頂いておりましたが、供給が十分に追い
付いていない状況です。
 ・・・(中略)・・・
1) 7月中の5万台の追加生産 及び 出来る限り早い段階で予約販売を受付
2) 生産拠点(中国)からの輸送手段は全て航空便を使い、お届け日時の最短化


それにしても、買い占めできないように1人2台までとかの販売制限や、他の
アイディアがないと、こういった商品は単なる「投機対象」となって、オークションや
その他で高値売買されることになりそうです。

今日はまだ1万円を切った値段ですが、昨日は何万円もの値段が付いていた
Amazonストア。
何だか、寂しいと言うか、情けないことです。

さて話を変えて、今回、このcheeroという会社、凄く、目の付け所がいいなぁと感心。
今まで、何の変哲も無い、無味乾燥なデザインだったり、四角い箱でしかなかった
ものが大多数だったモバイルバッテリに、デザインという観点を入れたこと。


しかも、ダンボーとのコラボ。
正直、「やられた」って最初思いましたよ、コレ。

そう、何でも無い、誰でも作れる商品になったら、次はデザインでしょう。
今後、他社からも同様な製品が出てくると、楽しいかも。

では。

Hp

関連記事:
「ダンボ-」バッテリ再販情報(モバイルバッテリ)
モバイルバッテリの重さを徹底比較してみた(スマホ関連)
やっと来ました(cheero Power Plus DANBOARD Version)

2013年6月13日 (木)

今、一番、気になる物(デザイン)

今、自分が一番気になっている物。
それがコレ。

Ideaco_new_tubelor リンク元

美しいですよね。
こういうデザイン、よく思いつくものだと感心します。

そしてコレ。

Macpro source

Apple社のデザイナー・ジョナサン・アイブ氏は上記製品にインスピレーションを
受けたのでしょうか?

MacProと名付けられた、トラッシュボックスっぽい物体。

なぜ、ハイエンドPCがこういう複雑な円筒形にしなくてはならないのか?
デザイン素人の私には全く理解できません。

どう考えたって、作りにくい。
そして美しいのかもわからない。

謎。

そう言えば、AirPort Extreme, AirPort Time capsuleも縦長でしたねぇ。

Airport_extreme Airport_time_capsule_2tb
左がAirPort Extreme、右がAirPort Time Capsule 2TB。

正直言って、これ、今までの背の低いものの方が好きだっただけにショック。
実物はそんなに大きくないけど、大きく見えるのは・・・どうなんだろう。

ということで、最初に書いた、ゴミ箱だけが手頃な価格とデザインで欲しいなぁと
思う今日この頃なのです。

では。

2013年3月 2日 (土)

これからのスマホはデザイン!(HTC One)

これは久しぶりにインパクトのあるデザイン。

アルミボディに独自機能満載のカメラアプリを搭載した「HTC One」実機フォトレビュー (Gigazine)

Htc_one

あれ?
どこかで見たような?
(昨年のiPhone5予想画像に似ているような。。。)

非常にシャープでクールなデザイン。
いいですねぇ。

Google Nexus7のASUSもそうだけど、台湾メーカー、非常にデザインが上手に
なってきたと思います。

日本での発売はまだ未定のようですが、是非導入して欲しいです。

では。

Htcone
HTC One SIM Free (Expansys Japan)

関連記事:
日本発売はあるのだろうか?(HTC One)
やはりauから出てくれた(au HTC J One HTL22)
HTC Oneファーストインプレッション(au HTC J One HTL22)
異様に熱いリアパネル!(au HTC ONE HTL22)

2012年12月24日 (月)

果たして読めるのだろうか・・・(Apple Design)

つい、ポチってしまった。。。

Cover

Inside_view

Apple Design という本。

洋書はUSAアカウントで買うと約4,000円。($37.8 + 送料)
Order
和訳も出ていて4,400円位だったかな?
なぜか、アマゾン・ジャパンの洋書の価格は5,270円もする。(高いなぁ)

予定到着日は2013年1月だったけど、昨日届いていた。
(あまりの大きさに、最初、何が来たのかと驚いてしまいました。)

こういう本を見ると、「アメリカン」だなぁと実感。
とにかく、重くて大きい!

彼らは15インチくらいのラップトップPCを持ち歩く人達。
iPad miniが日本で売れていて、今日行ったショップでも売り切れでしたね。
(iPad Retinaは在庫有りでした。)

アメリカって、面白いなぁ。
日本はやっぱり小さい物好きなんだなぁ。

なんて思いました。
では。

Apple_design_hard_cover

2012年12月11日 (火)

ファーウエイ(Huawei 華為)かと思ったら中部電力だった

中部電力に関するニュースを見てびっくり。

中部電力ら、太陽光発電と蓄電池を組み合わせた電圧変動抑制試験を開始 (Impress)
中部電力 http://www.chuden.co.jp/

Chubu_electric_power

あれ?いつの間に中国のファーウエイ(Huawei)になったのかと錯誤。

こっちがファーウエイ。

Huawei

中部地方の方々には申し訳ないのですが、
中部電力のロゴマークを見たのは今日が多分、生まれて初めて・・・かも。

自分はPocket WiFi(D25HW)などでよく知っているファーウエイ。
まさか、こんなことがあるとは思いませんでした。

似てるなぁ。。。

補足:
中部電力の現在のロゴの由来

Roots_of_logo_mark_2
(クリックで拡大表示します。リンク元はこちら。)

以下、抜粋:
中部電力のイニシャル「C」と5つの「花弁」をモチーフにしたこれまでのデザインを
踏襲しつつ、洗練化(リファイン)したものであり、躍動感のある造形にグラデーション
による力強い色調を合わせることで、ダイナミックさを強調しています。


ファーウエイの方の由来は・・・見つかりませんでした。
では。

関連記事:
中国の脅威、諜報活動?(Huawei, ZTEなど)
やはり気になるHuawei ファーウエイの行動(モバイル)

2012年11月17日 (土)

新しい「時計」がイイ感じ(iPad mini)

色々物議を醸したアップルのiOS6の時計。

World_clock (クリックで拡大表示)

iPad miniだと上図のように世界時計表示されますが、これが見やすい!

iPhone/iPod touchなどにも世界時計機能はありますが、このiPad miniの場合
・一度に確認できる都市が多い
・世界地図表示により、昼夜の区別がつきやすい

という利点があります。

手頃な小型タブレットサイズですし、これはいいデフォルトアプリだなぁと感心。
仕事で最近、海外販社とのやり取りが増えたので、こういう時計はありがたいです。

iPadも同じなのかなぁ?(自分のiPad 3rdはiOS5のままなので未確認)
今度、ストアでチェックしてみようかな。

では。

関連記事:
Appleもデザインを模倣?(iOS6 iPad clock)
ライセンス締結で一件落着?(Apple iOS6クロック模倣)

2012年11月16日 (金)

iPhone5 vs iPod touch 5th(比較写真)

今更感がありますが、iPhone5とiPod touch 5thの比較写真。

Front_view_display_off

Front_view

Rear_view

フロントから印象は電話として使う時に耳の位置にスピーカーがあるか無いか
くらいの差しかわかりません。

リアはiPhone5の方が高いだけあって質感はあります。
ただ、iPhone4Sまでのガラスのような重厚感は薄れました。

アルミによる軽量化。
表面処理は確かに薄そうで、塗装の剥げはかなり心配です。
表面はかなりすべすべ、いや、つるつるしています。
速攻でTPUカバーを付けています。

四隅の45度カット処理(ダイヤモンドカットらしい)は、iPad miniの方がサイズが
大きいせいか、インパクトがあります。
逆にiPhone5ではデザイン上のインパクトはそれほどありませんでした。

さて、長くなった今回の両製品。

胸ポケットにすっぽり収まり、小さいながらも重量感があって結構好きだったiPhone4S。
その良さは無くなった気がして少しだけ残念。

軽いということはいいこと、と思われますし、実際、荷物としては軽い方がいいのですが
「デザイン」「質感」という点では前モデルのiPhone4Sはあれはあれで1つの作品としての
完成形だなぁと再認識。

彼のセンス、というのものでしょうか。

今後、iPhoneはどういうデザインの方向を目指すのでしょうか。
今後の動向も気になります。

追伸:
噂では来年6月頃から次期iPhone5の生産が開始されるとか?
今の製品だと、あまりにも作りにくいということでしょうから、早急に対応するでしょう。
何通りもの組み合わせから公差の少ない部品をはめ込むというのも難しくしていますし
アルミ上の塗装処理の問題は明らかに生産を複雑にしていますから。

待てるなら次期製品を待つのも手かもしれません。

では。

2012年11月10日 (土)

ディテールにこだわらなくなった?(Apple デザイン)

Appleの創業者の一人、スティーブ・ジョブズはディテール(Detail:詳細)にこだわる
というのが有名なエピソード。
ご存じのように、「家具職人は見えないところにベニヤ板を使ったりしない」
みたいなことをいうようなこだわりの人。

そういった、「マニアック」な部分がコアなアップルファン(信者)の共感を得ていた気がします。

さて、iPad miniをitunesに接続した時の画面を見た時に違和感を覚えました。

(以下、クリックで拡大表示します)

Itunes_ipad_mini
(itunes version 10.7.0.21)

上図の青四角の部分には普通、接続機器のイメージがあるのですが
このiPad miniにはありません。

ちなみに、iPod classicでさえ下図のようにアイコン表示されるのに。。。

Itunes_ipod_classic

実は、いつも感心していたんです、このこだわり。
だって、毎回毎回違うデバイスが出る度に、このアイコンが変わるのと
デザインセンスの良さが気に入っていたので。

先日購入したMac FanにiPhone5特集がありました。
その中で、メインフレーム(ユニボディ)が削り出しで作られていますが、
仕上げが雑でドリル痕が残っているという点を指摘していました。
まさに見えない部分なので、こだわる必要が無いムダなコストはカットしていますね。
ここは、経営者が変わったと実感します。

見えないところ、商品比較対象にならないような部分へのこだわり。
その「マニアックさ」が無くなったら少し寂しいです。

では。

補足:
上記画面はWindows版itunesでしたが、Macでも同じでした。(残念ながら)

2012年10月27日 (土)

絶滅危惧種の入手(Apple iPod Classic)

世間では、iPhone5、iPod touch 5th、iPod nano 7th、そしてiPad mini、iPad 4thと
いう製品が話題になっている今日この頃。

私は、iPod Classic 160GBを入手。

Ipod_classic_160gb_black

実は最近、電器店で探してもこの製品が店頭から消えているのです。
もちろん、アップルストアには在庫があるのですが。

最初に書いたように、今、アップルは新製品ラッシュ。
上記製品の共通点は?
それは、新コネクタの「Lightningコネクタ」を採用していること。

iPad第4世代(Retina)は第3世代が7ヶ月前に出たのに新型コネクタに
変えてきたのです。

そう、急速にコネクタを刷新しているのです。

iPod Classicが絶滅種だというのは皆さん共通の認識でしょう。
今時あの大きなサイズ、ハードディスク。
その上、古い30ピンのコネクタタイプです。

自分はiPod nano 5thを所有していた(現在は持っていません)のでクリック
ホイールの感触をもう一度味わいたいという気持ちもありました。

クリックホイールはタッチセンサーとメカニカルスイッチなので、コストも掛かりますし
またメカスイッチの故障の心配もあります。
メカの部分というのは電子機器より進歩が遅いので、コストダウンも遅いのです。

そういう訳で、今後この素晴らしい発明 - クリックホイール - を使う製品は無くなるだろう
と思うので、入手した次第。

久しぶりに使った感じは、懐かしさと気持ちよさ。
このスイッチで曲の選択(高速スクロール機能)や音量調整ができる。
デザイン的にも表面とほぼ同じ高さ、隙間もほとんど無い作り。

芸術的だなぁ。

今は他に無い「鏡面仕上げ」も美しい。

Ipod_classic_black
コレクタアイテムとして収集したつもりですが、意外にちゃんと音楽プレイヤーとしても
使えるし、世界時計などちょっと変わった機能もあったりします。

最近のiPodは価格競争(Walkman?)のためか、かなり、カジュアルなデザインに
なって来ています。
以前書きましたが、iPod touchまでもが2色から5色(+アップルストア限定レッドの1色)
になってきたのがその1つの傾向かもしれません。

もう二度とあの頃のデザインには戻らないでしょうね。

では。

Size_spec

Battery

関連記事:
早速フリーズとその対応について(Apple iPod Classic)
iPod classicでも動画を見るようにする方法(Tips)

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ