« 本来あり得ない理由で、会社の資質が問われた(日本通信) | トップページ | iOS7:サポート可能なデバイス制限はあるのか?(WWDC 2013) »

2013年6月15日 (土)

b-mobile4G WiFi3仕様と各社通信仕様について(まとめ)

今回の問題(過去記事参照)を機会に、ちょっと日本の通信関係の情報整理をしようかと。

以下に示すのが、b-mobile4G WiFi3(AMテレコム製 BM-AR5210BK)の仕様です。
http://www.bmobile.ne.jp/wifi3/detail.html

Specification  (クリックで拡大)

--------------------------------------
通信方式・周波数:
  LTE : 800/1500/2100MHz
  HSDPA/HSUPA/WCDMA:800/2100MHz

--------------------------------------

日本の各通信会社の通信方式・周波数の状況:
日本の携帯キャリアの通信規格・周波数まとめ (B-Gadget)より

--------------------------------------------------------------
NTTドコモ:
Xi(FD-LTE)
 2100MHz (Band1), 1500MHz (Band21), 800MHz (Band19)
  予定 1800MHz (Band3), 700MHz (Band28)

FOMA(HSDPA)
 2100MHz (Band1), 800MHz (Band6)
 
1700MHz(Band9) ※東名阪エリアのみ
--------------------------------------------------------------
au(KDDI):
4G LTE(FD-LTE)

 2100MHz (Band1), 1500MHz (Band11), 800MHz (Band18)
  予定  700MHz (Band28)

各端末のエリア状況

Au_lte_area (クリックで拡大)
(日経ビジネス 2013.6.17号)

CDMA 1X WIN(CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A)
 800MHz (BC0), 2100MHz (BC6)
--------------------------------------------------------------
SoftBank Mobile:
4G LTE

 2100MHz (Band1)
  予定  900MHz(Band8), 1800MHz (Band3)※EMOBILE LTE.

DC-HSDPA/HSPA+/HSDPA

 2100MHz (Band1), 1500MHz (Band11), 900MHz (Band8)
--------------------------------------------------------------
EMOBILE:
LTE(FD-LTE)

 1800MHz (Band3)
  予定  700MHz (Band28)

DC-HSDPA/HSPA+
 1700MHz (Band9)
  予定  2100MHz (Band1) ※SoftBank 3G
--------------------------------------------------------------

どうでしょう?非常に複雑ですよね。

LTE(4G, 3.9G含む)と3Gの両方をカバーできているのはドコモだけ。
これだけは明白。

LTEについては先日書いたので割愛して、3Gについてどうかと見てみると
auは通信方式が違うのでそもそも使えない。
SBM(SoftBank Mobile)は、通信方式は同じだけど、ドコモの800MHz
(よくSBMが盛んに宣伝しているプラチナバンド)に未対応。

EMOBILEも3Gは周波数が全く独自なので(世界でもあまり使われて無いらしく)
問題外。

と、ここまで仕様がわかっていて、なぜ、SIMフリーにこだわるのだろうか?

たとえ、ドコモのSIMロックが掛かっていても国内使用では、bmobileやIIJmio
などのドコモMVNOのカードは使えるはず。

海外使用用途を考えて、というのもわからないではないですが、本当に
海外でこの周波数でOKなのかは・・・微妙。

ちなみに、本当のSIMフリーだった初代bmobile WiFi (ZTE BM-MF30)の仕様
GSM/GPRS/EDGE:850/900/1800/1900MHz
HSUPA/HSDPA/WCDMA:800/2100MHz


3GでもGSMという欧州ではまだ使われている周波数をカバーしている模様。

つまり、SIMフリーなのかどうかは
「3Gの対応周波数仕様を見れば、すぐにわかるんじゃないの?」
という点。

通信のプロのはずの日本通信さんがそこを見落とすとは考えにくい。
今回は、何だかすっきりしない事例ですねぇ。

もともとチップが対応していればソフトの解除だけで対応できますが
そうでないと、通信用チップを変更&ソフト改変等の作業が発生するので
発売は当面未定になる気がします。

では。

関連記事:
どんなLTEでも使える->実はドコモだけ(b-mobile4G WiFi3)
本来あり得ない理由で、会社の資質が問われた(日本通信)
なぜか、再開?(日本通信 b-mobile4G WiFi3)

« 本来あり得ない理由で、会社の資質が問われた(日本通信) | トップページ | iOS7:サポート可能なデバイス制限はあるのか?(WWDC 2013) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ