« IIJmio LTEスピードテストの結果はどう?(Galaxy Note2 SC-02E) | トップページ | 裏技を記事にして公開した「日経トレンディ」の功罪(スマホMNP) »

2013年5月15日 (水)

スマホはどこに向かうのか?(ドコモ2013夏モデル)

ドコモの夏モデル発表がありました。

夏は“ツートップ”、ドコモ加藤社長の狙いとは (ケータイWatch)

上記記事のタイトルにあるように、SONYのXperiaとSamsungのGalaxyについては
販売促進のために4万円の販売促進費が投入されます。

この2機種しか選ばないというのは理解に苦しみます。
そんなことなら、仕様の段階で開発させないで欲しいと選に漏れたメーカーは
思わないのでしょうか?

逆にSONYとかSamsungは世界販売を視野に入れて、国内用にモデルを
カスタマイズしています。
なので、部品の共通化も図られる=調達によるコスト(ボリューム)メリットを
部品メーカーに強く迫れる=原価が安くできる、となります。

弱小国産スマホメーカーは・・・これから撤退するしかないのかもしれません。

それとスペックの点についても、大画面、高解像度、クワッドコア(!)など
考えられるものをてんこ盛り。

OSは同じAndroid。
ドコモなのでSPモードだと「しゃべってコンシェル」などの独自サービスがありますが
ドコモ内での差別化は?

この2年間のAndroidスマホのスペックの進化は半端じゃ無かった気がします。
しかし、契約は基本、2年縛り。
端末は年4回(もしくは3回)新機種が出るというサイクル。

もう2年縛りというのも時代に合っていないのかもしれません。

Xperia Zがヒットしたドコモ。
でも、iPhoneの販売には勝てなかった。
そりゃ、あれだけの販促費、2キャリアでの扱いなどではXperia Zの1種では
厳しいでしょう。

だから、今回はツートップ、ですか。。。

ああ、ドコモのスマホは今後どうなるのか、気になりますね。
次回からはドコモに供給しなくなるメーカーも出るかも。

うーむ。

ドコモの戦略が果たして吉と出るでしょうか?

では。

« IIJmio LTEスピードテストの結果はどう?(Galaxy Note2 SC-02E) | トップページ | 裏技を記事にして公開した「日経トレンディ」の功罪(スマホMNP) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ