« 価格差のメリットが感じられない(Kindle Paperwhite 3G) | トップページ | IGZOタブレットで起死回生?(au SHARP AQUOS PAD SHT21) »

2012年12月 3日 (月)

実際に使えるストレージ容量は?(Google Nexus 7 32GB/16GB)

やっと発売されて、在庫も増えて家電量販店でも予約無しで購入できるようになった
Google Nexus 7 32GB(24,800円)、16GB(19,800円)

それぞれの内部ストレージの空きはどの程度でしょう?

早速確認してみました。

Nexus_7_32gb
32GB Android 4.1

Nexus_7_16gb
16GB Android 4.2.1

32GB:27.58GB
16GB:13.24GB
-------------
△   14.34GB


価格差が5,000円なので349円/GB となります。

ちなみにiPad miniも参考までに。
64GB:57.6GB
16GB:13.7GB
-------------
△   43.9GB
  
追記:正確な調査結果はこちら → 実際に使えるストレージ容量は?(iPad mini)

単純計算で1GB当たりの価格は 
(44,800-28,800)円/(57.6-13.7)GB = 364円/GB となります。

両社、同じNAND Flashって訳でないので比較に意味はないですが
何となく容量アップに対する製品のコストアップのルール(?)は大体
同じ値付けということが言えそうです。

上図でもわかりますように、32GBにしてもそれほど余裕ってわけではないです。

何でもUSBドングルを接続して、普通の外部メモリで容量を増やす「ワザ」が
Nexus 7の場合にはあるようです。
(個人的にはちょっとカッコが気になってやりませんでしたが。)

Nexus 7でUSBメモリを読み込み可能にするアプリ「Nexus Media Importer」を使う方法(Gigazine)
USBホスト変換アダプタケーブル(MicroBオス-Aメス) (Amazon)

自由度が高いのがAndroidのいいところなんでしょうね。

上記のことから考えるとお勧めはやはり安い16GBモデルでしょうかね?

では。

関連記事:
Android 4.2が爆速な件(Google Nexus 7)
Android 4.2にアップされたのだが・・・(Google Nexus 7)
Google Nexus 7の活用法(NFC機能)
Google Nexus 7の活用法(カバー連動 電源OFFロック機能の解除)

結局Google Nexus 7はどうなのか?(レビュー)
Google Nexus 7 プチレビュー(ハード編)
Google Nexus 7 プチレビュー(ソフト編)
Google Nexus 7 レビュー(GPS編)
Google Nexus 7 レビュー(Browser編)
ちょっと注意が必要なセット販売(Google Nexus 7)
Google Nexus 7の衝撃(タブレット価格破壊の始まり?)
日本では販売しないのだろうか、Google Nexus 7(タブレット)
Bluetoothマウスも使えるAndroid 4.0/4.1(Google Nexus 7, FT201)
画面が白っぽい?(Google Nexus 7)
Android 4.1.2へアップデート(Google Nexus 7)
カーナビとして使えるか?(Google Nexus 7レビュー)

« 価格差のメリットが感じられない(Kindle Paperwhite 3G) | トップページ | IGZOタブレットで起死回生?(au SHARP AQUOS PAD SHT21) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ