« 典型的な事故:関越道バス事故(安全性) | トップページ | 自立支援医療と障害者手帳について(うつ、適応障害) »

2012年5月 3日 (木)

無骨で高価だけど憧れる(衛星電話)

3/11の大震災時にアメリカCNNの記者が衛星電話を持っていましたが
やっぱり災害時などの緊急時に連絡を取る手段としての魅力は抜群。

僻地から通信・通話ができる携帯電話「イリジウム Extreme」実機レビュー (Gigazine)

Extreme

購入代はかなり高いけど、昔の電電公社(現NTT)の固定電話の加入債権って
20万円したはずなので、そう思えばそんな高い気もしないような。

デザインがシンプルで、無線トランシーバーを想起させるのも男心をくすぐる。

ふと、アマチュア無線の免許を持っている自分はトランシーバーが欲しくなったり。
なんか、「電波受信がしっかりできるぜ!」っていう感じが好き。
男らしいなぁ。

自分は草食系でなくて肉食系なのかも。
あー、一度使ってみたいなぁ、海外で。

では。

« 典型的な事故:関越道バス事故(安全性) | トップページ | 自立支援医療と障害者手帳について(うつ、適応障害) »

デザイン」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ