« Android 4.0のスクリーンキャプチャー方法(モバイル) | トップページ | 大型液晶が今年のトレンド?(GALAXY Note SC-05D) »

2012年3月30日 (金)

Android 4.0は電力消費が激しい?(で、どうしたか?)

GALAXY S2(SC-02C)とGALAXY NEXUS(SC-04D)との比較ですが、お互い
タスクキル(Advanced task killer)して余計なアプリは動かさないようにしていますが
スリープ解除後の電源の減り方がかなり違うのです。

GALAXY NEXUSの方が消費が激しい(バッテリーの減りが早い)ようです。

液晶が大きいから?というのは考えにくい。
なぜなら先に書いたように「スリープ状態」での比較だから。

同様にEee Pad Prime(TF201)もすぐにバッテリが減っていきます。
(スリープなのに、です。)

iPad2は全く減らない。ホント凄い。

ということは、「裏で動いているプロセスが電力消費している」と推測。

調査に使ったアプリは、以下のモノです。
Android Assistant(18 features)

Android_assistant  (image)

で、気がついたこと。
それは、Google関係のアプリが結構、裏で動いている、ということ。
例:Google+とか。

別に使って無くてもデフォルトでプロセスが走っている、って気持ち悪いですよね。
ということで、アプリの設定で起動しないように変更。

(Android 4.0だとアプリメニュー→ドラッグして情報(info)というところに
 アプリアイコンを移動するとアプリのアンインストール、強制終了などの
 設定が簡単にできて地味ながら便利。)

その後は、ちょっとだけ長持ちするようになった(気がします)。
それにしても、やっぱりこういうことをやらないといけないのがApple iOSとの
最大の違いかなぁ。

マルチタスクという点でAndroidは便利だけど、iOSのように基本シングルタスクで
動かすような考えの方がモバイルデバイスの電力制御や、プチフリ防止という
意味では正しい考えかも、と再認識。

では。

« Android 4.0のスクリーンキャプチャー方法(モバイル) | トップページ | 大型液晶が今年のトレンド?(GALAXY Note SC-05D) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ