« 非常に個人的な(?)英語学習に役立ったと思われる本 | トップページ | UQ WiMAX障害に非難と擁護? »

2011年9月21日 (水)

「契約数」より「契約者数」の方が大事では?(携帯・データ通信)

ドコモのLTE(Xi:クロッシー)の契約数が9万超の純増で、約30万に達したようです。

Xiが9万超の純増で累計を約30万契約まで延ばす、2011年8月末の携帯電話契約数
                                          (WirelessWire News)

2011年08月末現在 事業者別契約数 (報道発表資料)

Galaxy_lte Galaxy Tab LTE(SC-01D) (Giagazine)

凄いんですけど、素直に喜べない。
というのも、同一契約者が複数回線契約しているのでは?と思うので。
ドコモにとっては「別にどっちだって構わない」のでしょうけど。

契約数が増えた=ユーザが増えた=普及が進んだ、と言う風に報道するのは
構いませんけど、実感と乖離していると問題じゃないかと。

何でそういう風に思うか、ですがケータイの音声回線ってそんなに複数持つという
ことは自分の経験上あまり考えられない(せいぜい、2回線くらい?)

でも、データ通信回線って、よく「セット割」のようなキャンペーンがあるので
実際に運用していない回線契約が多いんじゃないかと。

気がつくと、自分だってドコモ(=日本通信)で3回線、EMで1回線(一時期は
2回線)あります。なお、auは音声回線のみ。

WiMAXも同様に複数回線持つような「ヘビーユーザ」がこういうサービスに
まず飛び乗っているのでは?と思ったので。
(数字のバックグラウンドがないのが説得力、無いんですが 汗)

あと、契約数と使用数(使用率)も知りたい。
つまり「実際に使われている割合」を知りたい。
今は、まだエリアも狭いから契約しているけど使われてない=速度が出る
→スマートフォンの様に「本当に常時接続者が増える」→速度低下
とならないかと。
そう、今は「契約」したけど「使っていない」人多いんじゃないかなと。

数字を追いかけるのはいいけど、その中身をきちっと分析しないと、
契約数の増加という一面だけ見て、「ユーザの不満」の部分をキャリアさんは
見落としてしまうのではないかと。
(過去のWillcom PHSの経験から。)

うーん、堅い話だ(汗)
では。

« 非常に個人的な(?)英語学習に役立ったと思われる本 | トップページ | UQ WiMAX障害に非難と擁護? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ