« 個人的お気に入り(WALKMAN NW-S705F) | トップページ | ウインテル時代の終わり(Microsoft, Intel) »

2011年9月14日 (水)

Androidを使って初めてわかったiPhoneのボタンの意味

iPhone/iPod touchの表面にはメカニカルスイッチが1つ正面下にあります。
一方、Androidは大体3個(htcは4個のことが多い)スイッチが付きます。
例えばGALAXY S/S2の場合、センタにはiPhone同様のメカニカルスイッチ。
その左右にはタッチセンサスイッチが付きます。

で、iPhoneなどの方が優れていると感じたのは、横持ちにした場合(動画鑑賞時)、
手がタッチセンサに触れて誤動作するケースが無いと言うこと。

GALAXYの場合だけかもしれませんが、持つときにちょっと指が触れると、
タッチパネルの反応が良いためにすぐに切り替わってしまう。
なので、結構微妙に気を遣います。

久しぶりにiPod touchを使ってみて、「ああ、なんて使いやすいんだ」と感じました。

逆にAndroidに慣れると、すぐに「戻る」ボタンを押したくなる衝動に駆られます。
でも、それが我慢できれば、デザインとしてもどの持ち方でも問題無い、しかも
印字が無い(=英語でも記号でもない)というのは、究極の美しさなんだなぁと。

表面を見ただけでは何も主張しないデザイン。
GALAXYだと日本の物はdocomoロゴが付きますし、海外製はSamsungロゴですし。

やっぱりすごいな、Appleのデザイン。
美しいというのはそれだけで十分だなぁと感じます。

余談)
そういう意味ではAppleがSamsungのデザインが酷似しているというのは
アイコン関係はともかく、ハードの筐体については真似できてないですね。
これは、先日書いた、「極限まで機能を絞る」という「捨てる」技術なのですよね。
「断捨離」じゃないけど、少なくすることって勇気がいるし、難しいけど美しい
製品になるのですね。

« 個人的お気に入り(WALKMAN NW-S705F) | トップページ | ウインテル時代の終わり(Microsoft, Intel) »

デザイン」カテゴリの記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ