« 実は980円じゃないプラン(イオン bmobile 980円プラン) | トップページ | あ、ホントに増えてる!(イオン bmobile) »

2011年6月17日 (金)

ホントに危なくなってきた(シャープ 液晶とGALAPAGOS)

今日読んだビジネス誌に、シャープのことが書かれてありました。
特に主力の液晶については、既に報道されているように、大型モデルと携帯、スマホ向け
小型液晶に注力し、中間(=テレビ)についてはもう撤退する模様。

そう、過当競争とコスト競争に勝てなくて、儲からないから撤退です。

それ以外に、自分の心配していた電子書籍GALAPAGOS。
やはり、というか当然というか100万台なんて全く無理で、目標の10分の1にも満たない
模様だそうです。
(大阪の量販店でも1日2から3台売れる程度、だそうです。)

太陽光発電も以前はトップ集団だったのが、現在は10位内でも下位の方。

要は新しい分野はうまくいってない、主力部分も危ないというパターン。

最近、本当に迷走していると思います。
日本で数少ない新しいことにチャレンジする会社なのに。

でも、やっぱり「材料系」に強い(だけ)の会社なのに、多角化しすぎたんですよね。
ケータイも一応、フィーチャーフォンではトップ(とっても数の少ない日本での話ですが)。
今後、黒船スマホが沢山入ってきて、スマートフォンでも迷走(=3Dしか売りがない?)
ということが続くと、本当に危機かも。

GALAPAGOSも最初から、店頭販売とか、他メーカでも使えるとか、色々地道な手が
あったはずなのに、結局自社で抱えこもうという、身の丈を超えた希望的観測で
進めてしまって。。。

思ったように、書籍数も増えていないし、やっぱり本気じゃなさそう。
大規模な、事業見直しをしていかないと、ダメだけど、今の社長さんのまだ強気な
意見を読んで、不安増大。

創業時の理念に立ち返ってほしいものです。

では。

関連記事:
Appleの凄いところ、日本メーカに頑張って欲しいところとは?
不具合改善アップデートのお知らせ(電子書籍 SHARP GALAPAGOS)
本屋としての本気度が違う(Amazon kindle store)
ガラパゴスと命名した本当の理由とは(電子書籍 SHARP GALAPAGOS)
雑誌って電子書籍に向かないんじゃないか?(iPad、GALAPAGOS)
Galapagosストアは何年後になったら本が揃うのだろう?(電子書籍)
どういう計算?(GALAPAGOS 目標は100万台)
小型のWindows PCでいいんじゃないの?(電子書籍)

目標が間違っているような気が。。。(電子出版社協会)
何か違うと思える、シャープのパソコン撤退
タイムスリップした気分(NetWalker PC-T1)

« 実は980円じゃないプラン(イオン bmobile 980円プラン) | トップページ | あ、ホントに増えてる!(イオン bmobile) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

管理者からのお知らせ

  • キーワードでの検索について
    お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (Zaurus、NetWalker、CMR-250、CQW-MRB、WiFi、ポメラ、iPod、iPad、iPhone、b-mobile、Xperia、PLANEX、PocketWiFi、Willcom、IS01、IS03、Galaxy、Mac、MacBook Air、iPad2 延期、発売日、価格、白ロム評判比較、Apple、通販、エイコン、携帯イングス、Mac Family、白ロム販売.com、ケータイパラダイス、白ロム携帯販売店を比較、白ロムネット、ネット詐欺、Twitter中毒、など気になるワードを入力してみてください。)
無料ブログはココログ